葬儀仏事Q&A

【墓じまいの費用】お骨の数が増えるとどうなるの?事例をもとに分かりやすく解説

墓じまいをお考えの方。お墓の中に何人の方の遺骨が入ってますか? 「お骨の数が増えるとその分費用がかさむのだろうか?」 「いったい墓じまいにどれくらいの費用がかかるのだろうか?」 このように疑問を持たれているあなたのために、このread more...
お葬式の考現学

非業の死には手厚い弔いを。暗殺と葬儀~広沢真臣と安倍晋三の場合~

2022(令和4)年7月8日。安倍晋三元首相が凶弾に倒れたのは記憶に新しいところです。そして、安倍晋三元首相が亡くなった6日後、岸田内閣は国葬の実施を閣議で決定します。 非業の死には手厚い弔いを。このように考えるのは、要人であろうと庶read more...
コラム

野田元首相の名演説から考える弔辞の魅力。~追悼・安倍元首相~

2022年10月25日。衆議院本会議場。 立憲民主党の野田佳彦元首相は、 追悼演説で安倍晋三元首相の生前の姿を偲び、 功績を讃え、そして死を悼みました。 リアルタイムで中継を見ながらこう思ったものです。 「う~ん。弔辞ってread more...
お仕事実績

わかしんが僧侶に⁉ 仏教のやさしさとカッコよさへの期待 ~対談記事を書き終えて~

テレビコメンテーターでおなじみの若新雄純さんの記事を書くご縁をいただきました。その編集後記的なものになります。 「わかしん僧侶へ」の一報から、取材オファーを受けるまで 「NEET株式会社」や「ABEMA Praime」などでおなじみの“read more...
お仕事実績

どこよりも分かりやすいお盆まとめ記事。お坊さんが語るから、正しく、深く、タメになる。

いよいよ8月、今年もお盆の季節がやってきました。みなさんお盆の準備は進んでいますか? インターネット上ではさまざまなお盆にまつわる記事が配信されていますが、どこよりも分かりやすくまとめているサイトをご紹介します。 2020年の夏read more...
葬儀仏事Q&A

バチあたり回避!遺影写真の飾り方・処分方法をどこよりもやさしく解説

遺影写真の飾り方や処分の方法について分かりやすく解説します。遺影には魂こそ込められていないものの手を合わす側の「想い」や「念」が込められており、だからこそ粗末に扱えないという心理が働きます。手厚い丁寧な処分方法についても触れています。
お仕事実績

葬儀後の役所手続き窓口を一元化! 加古川市役所への取材を終えて

素心『こころね』で加古川市役所の『遺族サポートコーナー』を取材しました。葬儀後の役所手続きの窓口一元化する取り組みです。 加古川市のニュース報道と古田雄介氏の記事に触れて 令和3年3月1日にニュース報道で知り、「おお、素心のお膝read more...
葬儀仏事Q&A

後悔したくないあなたのために!どこよりも分かりやすい遺影写真の選び方・作り方完全ガイド

お葬式の中で大切な役割を持つのが遺影写真。 祭壇中央に飾られ、家族や参列者はその顔を見て、亡くなった方を偲び、手を合わせます。 さらに、お葬式が終わったあとも自宅で飾られることとなる遺影写真。そこに映る顔こそが、故人さまの面影とread more...
死生観インタビュー

死んだじいちゃんばあちゃんはどこか「カムイ」に似ている感覚 -Vol7 伊藤ハギさん(17歳・高校生)

死生観インタビュー。第7回目は伊藤ハギさん(17歳)です。 高校生からのインタビューの応募。はじめはドキリとしたものの、Twitterに届いたDMの、妙にはればれとした文面に触れ、ぜひとも話を聞いてみたいと思いました。愛着のある祖父母read more...
お仕事実績

七夕伝承と妙見信仰。星田妙見宮の取材をふりかえる

素心『こころね』にて、星田妙見宮の取材記事を公開しました。 大阪府交野市の星田妙見宮。関西地方の人気パワースポットです。妙見信仰に加えて七夕伝説が有名で、毎年の七夕祭にはたくさんの短冊が境内を美しく彩ります。 しread more...
タイトルとURLをコピーしました