あれから10年 私たちはたしかにつながっています

祈り

おはようございます。

東日本大震災から10年が経ちました。
惜しくも命を落としてしまった人のご冥福をお祈りいたします。
そして、
いまなおこの世界を生き続けるすべての人の安寧を願います。

天災の怖さは私にはわからないけれど、
大事な人を失った悲しみ、
その後の日々を生き続けなければならに苦しみは、
わかります。

私が東北の人たちに
直接何かをできるわけではありません。
私にできることは、
身のまわりにいる人たち、
手を伸ばして触れることのできる人たち、
私とつながりを持ってくれた人たちに、
ささやかな喜びを与えることだけです。

その喜びが、少しずつ、同心円状に広がって、
たくさんの人たちのつながりをつたって、
死別や被災でいまなお苦しんでいる人たちのところまで
届いて欲しいと思います。

だからこそ、一日一日を、慈しむように生きていきます。
他人ごとなんかじゃありません。
あなたたちの壊された日常が、
私の中に食い込んできたように、
私の積み上げるささやかな日常も、
きっとあなたのもとまで届きます。
そのためにも、今日を、めいっぱい、生きていきます。

私はあなたを知りません。
あなたも私を知りません。
でも、私たちは、
たしかに、つながっています。
だからこそ、祈ります。

合掌

コメント

タイトルとURLをコピーしました